主婦でもお金を借りることができますか?

社会に出て自立した生活を送っていく上では、何かの拍子に「お金がない」という状態になってしまうことは十分にあり得ます。
定収を得ているとは言え、突発的な支出増加などでマイナスになってしまうこともありますし、家庭を持って生活していく上では根本的に家庭の収入が足りないということだってあり得ます。

そんな時、収入を増やすということは簡単では無い為、どうしても状況を改善する為には一定の期間が必要になります。
しかし、それでは間に合わないような緊急事態の場合、すぐにお金を準備する方法として「カードローンやキャッシング」が非常に心強い方法になります。

ただし、カードローンを利用する為には「本人に安定した収入がある」という事が最低条件となっているため、専業主婦の様に自分で収入を得ていない人は利用できないと思ってしまいがちです。
ところが、「主婦」という立場にある人に対する特例がある為、自分で収入を得ていなくともカードローンを利用することは出来ます。
このように主婦でもお金を借りられる仕組みは、「配偶者貸付制度」によるものです。

アルバイトやパートなどであっても、自分で収入を得ている主婦の場合は「自分自身の信用」を担保にカードローン契約をすることが出来ます。
ただし、現在では「総量規制」の影響がある為、年収に対して1/3までという制限の中で利用していくことになります。
主婦がアルバイトやパートで稼ぐ金額として、おおむね10万円以下(月収)が多いことを例にすると年収で約100万円ほどになります。
という事は、この場合にカードローンで借り入れできる金額は約30万円という事になります。

その金額で十分だという状況であれば良いのですが、それでは足りないという事もあります。
また、専業主婦の様に収入を得ていない場合もあるのですが、そういった状況でこそ配偶者貸付制度が役立ちます。

この制度は、家計を共有する配偶者と「収入を合算して総量規制に当てはめる」という方法が可能となるもので、より多くの借り入れを実現することが出来ます。
ただし、この方法を利用する場合には配偶者の同意書や関係を証明する書類などを準備する必要がある為、通常のカードローン契約と比べると面倒な部分が出てきます。
また、総量規制の影響がない銀行などでお金を借りるという選択肢もあります。

総合的なメリットを考えると銀行を利用した方が良いと言えるのですが、借りやすさや速攻性を考えるとカードローンは非常に便利です。

誰にも知られずお金を借りたい

お金を借りようとしている事実が家族や会社に知れてしまうのは、後めたい事が何も無くても気まずいものです。
家族や会社にバレずに借りるには、いくつかの方法、そして、気を付けなければならない注意点があります。

お金を借りる一連の流れの中で、家族、または会社の人にバレてしまうのが、まずは郵便物が届いた時です。
カード関連の会社や金融会社などからの郵便物が届くと、多くの場合は借金を疑われてしまいます。

もう一つが、ローンを組む際に行われる在籍確認です。
これは、返済に必要な一定の収入がある事を確認するために、勤務先などにかけられる電話の事です。
会社名を伏せた形で行われるのが一般的ですが、ある程度の社会経験のある人なら、どの電話が借金の在籍確認であるかはすぐに分かりますので、こういった電話があるとどうしても会社にはバレてしまいます。
家族、会社にバレずに借りるには、これらの連絡を回避する事が必要になります。
その為には、自動契約機で全ての手続きが済ませられる会社を選ぶ事が有効です。

インターネットやスマートフォンから申し込みをし、そこで簡易的な審査を経てから、契約機で本格的な審査と、最終的にはカード発行まで済ませられます。
機械を通して係員と直接連絡を取り、運転免許書を提示するなどの本人確認もここで済ませられる為、家族や会社などの他者を介入させる事も無く、誰にも知られずにお金を借りる事ができます。
無事目的通りにお金を借りられたとしても、その後の事にもいくつか気を付けなければならない点があります。

まず、自宅に明細書が送られて来ないように気をつけなければなりません。
これに対しては、ほとんどの会社で、インターネットからアクセスできるオンラインの明細を利用できます。
契約の際に紙の明細書を郵送するか、オンラインで提示するかを選択出来るようになっているので、必ずこちらを利用するようにしておきましょう。

また、返済の遅れにも十分な注意が必要です。
返済期日に間に合わなかった場合は、カード会社などから自宅の電話に連絡が来る事も多く、家族に出られた場合はここから借金がある事がバレてしまいます。
返済期日をしっかりと把握しておき、引き落とし口座の残高には十分に配慮しておく事が大切です。
様々な事情から、家族、会社などの誰にもバレずに借りる必要がある場合には、システムをよく理解し、この様な対策をとることで、それが可能になります。

即日融資って可能なの? 方法は?

すぐにでもお金を借りなければいけない時に使うことができるのが即日融資です。
もちろん即日に対応できる貸金業者や銀行に申し込む必要があります。
金利などの条件で業者を選ぶことになりますが、即日融資を希望しているのであれば、この条件は欠かせないものになり重要ですので、必ずこの点を見てから申し込みをしてください。
どちらかというと、消費者金融の方が即日対応に長けています。
銀行にも対応できるところがありますが、条件を満たさなかったり、また地方になると厳しいことが多いです。
どうしても即日でなければならないのであれば、金利の高さを受け入れて消費者金融に申込みをすることをおすすめします。

今すぐお金を借りる方法として2つあります。
ひとつは銀行口座です。
この方法は平日の15時までがリミット期限になります。
銀行の振り込み対応時間までに間に合わせる必要があります。業者の事務手続きもありますので、平日の14時までを目安に申込みをして契約を終わらせるように段取りをとってください。
できれば朝に申し込みは完了しているのが望ましいです。
また所有している銀行口座によっては、土日祝日であっても振込み対応ができる業者もあります。
振込みの条件を確認しておきましょう。

あとひとつの方法は、カードを使ったキャッシングです。
カードが手元にないとできないキャッシング方法であり、インターネットや電話で申込む人の方が多くカードや契約書類は郵送されますので、即日にカードを受け取ることは不可能です。
ただし店舗に出向くことで、カードを受けとり、その場でキャッシングすることも可能です。
消費者金融であれば無人契約機がありますので、それを利用してカードを受け取ることができます。
もちろん土日祝日であっても店舗は開いていますので、利用しやすい即日融資になるでしょう。
ただ在籍確認があり、土日祝日に会社が休みである場合、確認が取れないこともあります。
そんなときな収入証明書の提出や、業者と相談して保険証の提示や給与明細書の提出で、在籍確認をすることもできます。

コンビニATMでもキャッシングすることができますが、ただ手数料がとられます。
キャッシングよりも返済が利用回数が多くなりますので、なるため手数料無料の方法で使いたいはずです。
店舗であれば手数料が掛からないで利用できます。
金利や即日に対応できる点だけではなく、利便性についても業者選びの選択に入れてください。